MARVEL(マーベル)展で人生変わった。ヒーローに魂が震えた

福岡アジア美術館に行ってきました。

MARVEL(マーベル)展が自分としては衝撃で…

MARVEL(マーベル)展ではしゃぐ

手書きの原画も見れたし、映画で使用された衣装も見ることができました。

↑MARVEL展の事がわかるYoutube動画。これ観て昨日のことを思い出してます。(通常では撮影禁止の内部の様子も撮影されていますよ)

MARVEL好きな女の子の友達もできて

色々教えてもらいました。(写真は彼女のipad miniケース)

↑私のパジャマはMARVELヒーロー柄なのですが、股間の所に誰かの顔があります。にわかファンだったのでちょっと誰かわからない….

子供の頃は、PETS(ペッツ)というお菓子をよく集めていました


顔の所がキャラクターになってるんですよ。

初めて買ったアメコミはDC

生まれて初めて買ったアメコミは、SPAWN(スポーン)というDCコミックのものでした。アメコミって高いですよね、お年玉で買っていました。

MARVEL(マーベル)の歴史

1939年にMARVELの前身である出版社タイムリー・コミックスが『マーベル・コミックス#1』を刊行。

1940年代に勃発した第二次世界大戦によって、アメリカの強さと信念を象徴するスーパーヒーローたちが登場するコミックスの人気は爆発的に高まり、数多くのヒーロー達が量産されました。

MARVEL展より

↑キャプテン・アメリカ創刊号のイラスト

ヒトラーの顎にパンチをくらわせるイラストが印象的なキャプテン・アメリカ創刊号の表紙は、戦時下の人々の心をとらえ大ヒット。

ヒトラーにパンチしてるとか凄くないですか??「今の時代だったら、あの人かな….」と思いながら眺めていました。

しかし、そんなヒーローブームも終戦後は次第に下火になっていったそうです。

人々は混沌とした時代にヒーローを求めていて、戦争が終わり安定が訪れると共にヒーローは必要なくなっていったんですね。

アメリカの出来事

1929年

ウォール街大暴落

世界恐慌が始まる

1932年

ドイツでナチスが政権獲得

1939年

第二次世界大戦勃発

1941年

真珠湾攻撃

1945年

第二次世界大戦終結

1950年代

赤狩り(マッカーシズム)の高まり

MARVEL展より

MARVEL(マーベル)展初盤から胸が高ぶる

最近ずっと、ぼんやりする事も多くて何してもパッとしないって感じの日々が続いてました。

病んでまではないけど、ちょっと病みがちって自分でわかったので、嫌な気持ちになるものは避けて生活しているという感じです。

でも、そんなパッとしない日々の中、MARVEL(マーベル)のヒーロー達を見て、子供の頃にアメコミを買った時の胸の高ぶりと、ヒーローに抱くワクワク感を思い出しました。

その後すぐに新たな感情が…

MARVEL(マーベル)みたいなアメコミ描きたい!

私も描きたい….!という気持ちがフツフツと…

私のインスタで一番アメコミっぽいイラストはこれ


筋トレにハマっていたんですよね

こういう意味不明な絵がたくさんあります。マッチョの人からいいねをたくさんもらいました。

↑帰宅してすぐ作ったバナーにMARVRL(マーベル)展の影響が如実に表れる。サイトには馴染んだかなと思っていたけどtwitterでシェアしたら広告っぽくなりました。

空いた席を探そう

さっそく「oh…」とか言ってるし
「描きたい!」って気持ちが起きた事は大きな進歩でした。絵は好きだけど描きたいものがないって思っていたので。

さて、アメコミ風イラストを描ける人はたくさんいます。これからどんな所に需要があるかなって探りながらやっていこう。

とりあえず、アメコミ風イラストはパキッとしててスマホ映えはします。(スマホ画面で見やすいっていう意味)

サイトのイラストとも相性がいいはず。

漫画・バリアントに夢を抱く

MARVEL(マーベル)は世界中のアーティストたちと仕事することで生まれる国際色豊かな作風を誇りにしています。

世界中で人気のマンガやアニメを生み出してきたここ日本でも、マーベルは積極的にコラボレーションを行ってきました。

バリアント・カバー(別種表紙)とは、表紙のイラストだけを変えて売り出されるコミックのこと。

新しいアーティストが紹介された理、楽しい連動企画を行ったり、自由なイマジネーションのイラストを楽しめたりするバリアント・カバーは広く読者に愛されています。

MARVELより

”表紙のイラストだけを変えて売り出されるコミック”漫画・バリアント。すでに名だたる作家さんたちとコラボされていました。

無名の作家のたわ言と、鼻で笑われるでしょうが、この日の私はヒーローに希望を見出し、この漫画・バリアントに夢を抱くのでした。

とか、照れ隠しとか保険はかけなくていいから自分、

MARVEL(マーベル)とコラボできるような人になりたい!!(言うたった…)

次回は沖縄

MARVEL(マーベル)展は次は沖縄で開催予定です。

 




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。