Wordpress

ワードプレスでマルチサイト化はやめとけ…デメリットが多くて元に戻した

先日サブディレクトリでワードプレスのマルチサイト化してみたんです。実際にやってみた感想は「やめとけ…」と言いたいです。

ワードプレスをマルチサイト化にする為に設定するファイルは2つ

マルチサイト化の手順はすこし面倒なだけで簡単でしたよ。

  • .htaccess
  • cofing.php

この2つのファイルを書き換えるだけです。

私はエックスサーバーのサーバーパネルから.htaccessを編集することができました。

参考(公式サイト)>>.htaccess編集 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

マルチサイト化への期待と現実

マルチサイト化しようと思った理由はメリットが多そうだったから

  • プラグインの管理・更新が面倒だったので一括で管理できるのはメリットに感じた
  • ドメインをまた新たにゼロから育てるのが嫌だった
  • やってみたかったという単なる好奇心

 

このような理由でサブディレクトリで tjsig.com/travel というアドレスで旅ブログを作ってみました。

マルチサイト化で期待したことは親サイトのドメインパワー反映

  • tjsig.comのドメインパワーが反映されるので最初からアクセスが期待できるのでは
  • tjsig.com/travelの記事が増えるとtjsig.comのサイトのボリュームが増えるかも

この2つをサブディレクトリでのマルチサイト化で期待しました。

参考>>

サテライトサイトを作る場合、独自ドメイン.サブディレクトリ.サブドメインのどれがベストか

↑こちらのサイトにサブディレクトリのデメリットが書いてありとても勉強になりました。

  • ペナルティを食らった場合、ドメインごと巻き込まれる可能性がある
  • キーワードカニバリゼーションを意識する必要がある
  • 関連性の薄い記事を書いていくと、メインコンテンツの関連性が薄まり足を引っ張る

※参考記事より一部抜粋

キーワードのカニバリゼーション(共食い)という言葉をここで初めて知る。

マルチサイト化したらプラグインエラーとダッシュボード崩壊

ワードプレスをマルチサイト化すると、本店(親サイト)と支店(子サイト)のような関係でひとつのダッシュボードで複数のサイトの編集画面に切り替えができます。

一瞬だけわくわくしました。でもそれはほんの一瞬のできごと….。

すこし運営してみただけで、デメリットの方が多かったのですぐ元に戻すことに。マルチサイト化してサイトを編集している時に実際に起こったことは

  • ダッシュボードが壊れる
  • 動作が重くなった
  • プラグインがエラーを起こした(マルチサイト化非対応)

悲劇3兄弟。何と何が干渉してしまったのか原因が突き止める知識がないのでもう触らない方がいいと思いました。

ただ、マルチサイト化は悪いことばかりではなく、サイト開設してすぐに検索流入はありました。最初に期待していた通り、おそらく親サイトのドメインパワーの影響です。

ただ、期待していたメリットよりも、子サイトの存在が親サイトの足を引っ張っているような印象の方が大きく感じました。エラーが続くと編集スピードとモチベーションが下がります。

ダッシュボードが壊れるくらいで済みましたが、ワードプレスやプラグインの更新があった時に不具合が起きたら対応できる自信がありません。

すぐシングルサイトに戻した

結局、いつも通りに戻っただけ。

1サイト1ワードプレスが無難

「やめとけ」の意味は、実際にワードプレスのマルチサイト化に挑戦してみて「人にはおすすめしたくない」と思ったからでした。

この記事を読んでもまだ「やってみたい!」という人がいれば止めません。

触ってみてわかることもありますし、知識がしっかりある人ならうまくやれるはず。ただ個人的には、特化したいジャンルがあるならマルチサイト化じゃなくて

  • 別ドメインで新たにサイトを開設する
  • サイト内でカテゴリー分けを明確にする
  • エックスサーバーでサブディレクトリ設定してワードプレスを自動インストール

のいずれかがいいかなと思います。1サイト1ワードプレスが無難ですね。

ワードプレスのマルチサイト化を元に戻したい人のための参考記事
WordPressマルチサイトを元に戻す (助かりました!)

 

ABOUT ME
テンジク
テンジク
イラスト・DTP系のフリーランスを経て、現在はいくつかWebサイト運営中。作業環境はmacbookproとiPad pro。Adobe CCユーザーです。