BLOG

この漫画が面白い!「ライフハックで行こう!―Think IT edition―」フリーランスは必読

テンジクです。
今回はわたしが大好きな漫画をご紹介します。仕事で壁にぶつかった時や、迷ったりした時に読み返したい作品です。

  • フリーランスになりたい
  • 現在、フリーランスで仕事をしている
  • イラストレーターになりたい
  • 今の環境を変えてみたい・海外に住んでみたい

このような人に共感ポイントが満載…!

今の仕事は変えたくないけどいま忙しくてちょっとしんどい..なんて人には第20話がおすすめです。

ドイツ在住現役イラストレーターのコミックエッセイ

著者:高田ゲンキさん(Genki119 )

現在ご家族でドイツのベルリンに在住のイラストレーターの方が描く「ライフハックで行こう!―Think IT edition―」という連載が面白い!

隔週連載で、インターネットで無料で読む事ができます。ありがたやインターネット。

私は会社を辞めたばかりの時に、この『ライフハックで行こう!』に出逢ったんです。

フリーでやっていけるのかなという不安だったり、やっぱり心配だったお金の話(たいせつ!)も描いてあってとても勉強になりました。

高田さんの描くイラストはとても親しみやすく、楽しい気持ちになるような世界観があります。

イラストのポップな雰囲気に反して、高田(Genki119 )さんのtwitterではたまに「日本のここが変だよ」みたいなハッとするような意見も述べられいて私もよく共感します。

例えば、

“思考停止のプレゼント文化は廃絶しよう”というのは私も賛成です。私もそのうち「日本イベント多すぎ問題」とか書いてみたいな。

漫画『ライフハックで行こう!』はどんな内容なの?

ドイツのフリーランス事情がわかるベルリン編

連載の第1話は高田ご夫妻がベルリンに移住した経緯が描かれていて、いつか海外に住んでみたい私は釘付けになりました。

今ではドイツがとても気になる国NO.1です!

やはり現地に住み、実際にフリーランスでやっている人の体験談は説得力がありますね。
第1話から第8話までは、高田さんのベルリンでの生活やベルリンのここが熱い!といった内容が描かれています。

フリーランスのススメ編

私は第9話目からの、「フリーランスのススメ」編が特に好きです。

高田さんがフリーランスになったばかり頃の様子や、実際に仕事をもらえるようになるまでの様子などが描かれています。

「これで俺は自由だ!」

仕事が来ない…!

「イラストレーターになるのやめた方がいいですよ」こんな事言われたら泣く…!

そんな困難を乗り越えて多忙に..!

『フリーランスのススメ』編はtwitterで拡散され、作者不在のオフ会が開催される程の人気ぶり。

『フリーランスのススメ・シーズン2』以降の作品も好評連載中です。

隙あらばゲームしたくてイラストレーターになりました。(仮)より※こちらも中毒性あります。

『ライフハックで行こう!』をあなたに読んでほしい理由


私は、漫画『ライフハックで行こう!』の『フリーランスのススメ』編に描かれているリアルな体験を読んでとても励まされました。悔しい時に何度も読み返しています。

だから、たくさんのフリーランスになりたいと思っている人と、現役フリーランサーに読んでもらいたいんです。

私は高田(Genki119 )さんとは実際にはお会いしたことはありません。ツイッターで高田さんの漫画を知ったのがファンになったきっかけです。

世代も違う、海の向こうにいる会った事もない人の実体験をこうやって漫画で読めるって凄くないですか?これが私がインターネットが大好きな理由です。

私が『ライフハックで行こう!』を読んで励まされたように、また未来のフリーランサーの参考になったり、誰かを励ますことができたらいいなと思っています。

テンジク(tenjikulight)

関連リンク

漫画『ライフハックで行こう!』では1話読み切りのおまけページも楽しめますよ!

ゲンキ・ワイファイ
イラストレーター高田ゲンキさんの情報発信ブログ

Think IT(シンクイット)

『ライフハックで行こう!』が連載されているオープンソース技術の実践活用メディア

『ライフハックで行こう!〜僕らのベルリンライフ編〜』はAmazonのKindle版で購入できます


いつもネットで読んでいたのですが、書籍として読むのとでは良い方の意味で全く違いました。ぜひ、書籍で読んでいただきたい作品です。

ABOUT ME
テンジク
テンジク
イラスト・DTP系のフリーランスを経て、現在はいくつかWebサイト運営中。作業環境はmacbookproとiPad pro。Adobe CCユーザーです。