ブロガーも愛用する必須エディタMars EditとFTP編集のCyber duckを使うようになった

ワードプレスで記事を編集する割合がここ最近ぐんと減りました。

今まではカスタムも記事を書くのもワードプレスで1から10まで完結していましたが、最近はFTPソフトと編集ソフトに少しずつシフトしていっています。

ワードプレスでサイト運営をしていくと次に出くわすフェーズなのかもしれません。

『強くてデカいサイトを持ってみたい』っていうストレートな願望があるのですが、更新スピードと量産を追求していくうちに少しずつ作業環境が変化しています。

サイト運営5ヶ月で変わったワードプレスの使い方

カスタムはFTPソフトを使って編集した方がはやい

ゆうこりん(@yucorin_jp )さんにtwitterでコメントをいただいて、FTPソフトにもう少し慣れた方がいいなと感じました。

次からサイトを新しく作るときは、プラグインをまとめてFTPから入れてみます。

いま使っているFTPソフトはCyberduck – David Kocher (サイバーダック)


[blogcard url=”https://techacademy.jp/magazine/1668“]

今までFTPソフトを使うのは

  1. どうしても施したいカスタムがある時
  2. トラブル時の最終手段

くらいでしたが、「FTPソフトさわるの怖いな」っていう先入観はかなり薄れてきました。

更新ペースを上げたいので編集ソフトMars Editにシフト中

metalandrew / Pixabay

ゼロからHTMLやCSSなどで構築していく事を考えたらワードプレスってすごく画期的なツールだと思います。それでも、もっと速さと量産を追求していきたいと思うようになりました。

「最初はテキストで編集して、仕上げだけワードプレスで編集した方がはやいよね」というのは、有識者からしたら常識な事かもしれません。でもワードプレスからはじめた人は気づかない事もたくさんあります。

例えば、まさにチリも積もればと言えますが、ワードプレスで編集するたびにリロードする時間は、積み重ねたらかなりの時間になるでしょう。

今はテキストエディタのSublime Text(サブライムテキスト)とMarsEdit(マーズエディット)を使用しています。

[blogcard url=”https://techacademy.jp/magazine/3060“]

MarsEdit – for WordPress, Tumblr, Blogger, etc. – Red Sweater Software(マーズエディット)

MarsEditは購入する前に公式サイトの値段とitunesストアの値段を比較する事をおすすめします。

編集ソフトでの作業を一度覚えてしまうと、ワードプレスの編集画面が狭いと感じます。そしてリロードの時間を遅いと思うようになり、もう前の環境に戻れなくなりました。

サイトの画像をFlickrと連携した

ワードプレスのメディアに写真がたまっていくのが嫌で、サイトに入れる写真はなるべくFlickrと連携しています。はてなブログ時代に書いた記事の写真ははてなと連携しているっていう少しいびつな関係。

プラグインwp-flickr-pressで連携
[blogcard url=”http://wataame.sumomo.ne.jp/archives/6865“]

サーバーに保管するか迷ったのですが、編集ソフトMars EditとFlickrが連携できるという事でFlickrと連携しました。

メリット:ワードプレスに保管しないのでサイトがその分軽くなる
デメリット:もしFlickrのサービスが終了したら面倒なことになる

おまけ:最近入れてよかったプラグイン「Simple Post Notes」

プラグインで最近「こういうの欲しかった!」と思ったのは、ダッシュボードにメモ機能を追加するSimple Post Notes


[blogcard url=”https://ja.wordpress.org/plugins/simple-post-notes/“]

どの記事にどんなリンクを貼ったかすぐにわかるので重宝しています。

ワードプレスのCSSカスタムについておすすめの記事を紹介しているので、ぜひ【初心者が効果的に短期間で上達できた理由】ワードプレス黎明期に比べると今ははるかに参考資料に恵まれているもあわせてお読みください。

テンジク(tenjikulight)


 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。